夕焼けのことや音声の発生などに関しまして勉強した

夕焼けなどにあたって実践をしました。朝方や夕暮れには、日の高度が薄くお天道様がほとんど真横からさして来る。そのために、輝きがエアーを通って生じるコースが長くなり、散乱しやすい青い輝きは眼に届かず、赤い輝きが多く眼に届くことになります。その結果、夕焼け(朝焼け)は赤く見える。次は、海についてだ。海水が青いのは、水がエアーのように青い輝きを散乱するのと、海中をすすむ輝きは、赤い輝きほど理解されやすいからです。また、遠浅ばかりがエメラルドグリーンに見えるのは、輝きが海底の白い砂にリフレクションするとき、赤い輝きが理解されているためです。海に総締めmもぐると、赤い輝きは理解されて青や緑の輝きしか届いてないそうです。次は、雑音にあたってだ。雑音は、物が振動するという雑音が出ます。糸電話では、指で当たるという糸が振動しているのがわかります。指で糸を押さえ付けるといった糸はバイブレーションせず、雑音は伝わりません。夕焼けなどにおいて実践しましたが、知らないことを知れて良かったです。キレイモ 学割